Nook

日記です

軽やかに好意を伝えることは、難しい。うちに抱えすぎてジメジメしたものを、置き手紙のようにして伝えてきた。受け取ってくれた人は、本当に優しい人だと思う。

軽快でラリーのような会話をするのは、難しい。有名人に、さんを付けるか付けないかさえに悩み、沈黙する。

軽いミスに、軽く謝ることは、難しい。少しぶつかっただけでも、今にも吐きそうな顔と、震えきって力のない体で、謝罪する。

好意を発する時、私にとっては真剣勝負で、これを流されても構わないが、なにか心にひっかかってくれたらと思っている。あなたの進む力の、無量大数分の1になれたらいい。

私には、好意を投げること、受け取ることに、気楽さがないのかもしれない。それは何も考えずに好意を伝えてみようと試みた結果、失敗したからでもある。だからか、あまりよく知らない人から好意を投げかけられたとき、ビビる。異性なら尚更ビビってしまう。なんで投げたのか、投げるのにかけた労力はどれくらいだろうか。人を軽く見るのは大嫌いだから、いつも重く重く、重い方の可能性を選択する。そのままで受け取ることができたら。

好意を受け取ったら、関係ができてしまうのではないかとガチガチに思い込んでいるので、意を決して受け取ったり、受け取らなかったりする。受け取った場合、好意が爆弾のように思えてきて、怖くなる。腕の中の爆弾をどう処理するかに頭が持っていかれて、肝心の相手のことは考えていない。

相手のことを勝手に重く考えていながら、大切にしたいと思っていながら、最終的には自分を守ることを選ぶ。「嫌われるようなことしてしまったかなって」と言わせてしまう。

立ち止まって、バランスを失って、不安になって、怖くなって留まって、悪化して、伝えることもできなくなって、閉じこもる。私の引きこもりパターン。一瞬立ち止まるとかできないだろうか。ずっとそこにいてしまう。囚われてしまう。

顔をあげてほしい。無理そうなら、手に本を。顔をあげられそうなら、映画を観てほしい。歩けそうなら、外へ出て、空気を吸い込んでほしい。元気があったら、人に出会ってほしい。誰かに愛をこぼしてほしい。

重大な事情を抱えた人間でないと、誰からも見向きをされないと思っているところがある。自分のどこが好ましいのか理解できない。自分には何もない、何もないから、この棲みつく苦しみと対峙して、どうにかやっつけたり、唯一の友となるように手懐けたりしようとするけど、しなくていい。ひとりで立ち向かうには危険だ。私はどこにいてもだれといても汚い人間だと感じる。それでも、誰かからの愛を感じられる自分を、何よりも信じるべきだと思う。