Nook

日記です

12月9日から13日まで

9日 (月) お昼ごはんを食べたあと、かおるちゃんは好きなものについて語ってくれる。きょうは、衿沢世衣子さんの『ベランダは難攻不落のラ・フランス』という漫画を紹介してくれた。ツイッターで気になっていて、読みたかった本だった。かおるちゃんはちゃんと買うのがすごい。

進撃の巨人』の新刊を買うために本屋に行くというので、同行させてもらった。大きな本屋を、かおるちゃんは隅から隅まで、すべての棚を見回った。ルンバのように徹底していた。かおるちゃんのリュックは重くないのだろうか。

笹井宏之さんの『えーえんとくちから』を見つけた。『えーえんとくちから』は、はるな檸檬さんの漫画『ダルちゃん』に出てくる詩集で、ずっと気になっていた。かおるちゃんも『ダルちゃん』が好きで、『えーえんとくちから』のことを知っていた。かおるちゃんもわたしも、「買うわ」とも言わず無言で本を手に取って、探索に戻った。「本が手から離れないね」と言ったら、「そうだね」と返してくれた。ふたりとも離すことなくレジへと向かった。おそろいの本だ、と浮かれた。おそろいだけど、かおるちゃんとわたしでは、感じることや得るものは違うんだろうな。かおるちゃんは丁寧に向き合って、言葉を尽くす。わたしも大切に読もう。

買った本

ギャグマンガ日和 GB 4巻』増田こうすけ

『夢中さ、きみに』和山やま

『えーえんとくちから』笹井宏之

『たとえる技術』せきしろ

10日 (火) ヤマシタトモコさんの『違国日記』を紹介してくれた。かおるちゃんは黒のトートバッグに『違国日記』の出ている分すべてを入れてきて、持ってきた。朝にむしゃくしゃすることがあったから、電車の中で読もうと思って、トートバッグに詰めてきたらしい。違国日記の一巻を読ませてもらった。すごい。かっこいい。ここまでの人間を描けるって、作者さんの人間力がすごいんだろうな、と感動した。

11日 (水) 黒のトートバックは本を入れる用のバックだと言う。すごいなぁ。きょうは『鬼滅の刃』を紹介してくれた。いつも思うけれど、好きってすごいよ。語れるほど好きなものがあるのは楽しそうだ。聞いているわたしも楽しい。真剣で熱を持って話すかおるちゃんだからか、いつまでも聞いていられる。

14時から19時までバイト。配慮してくれるだろうと、シフトを出れるだけ書いたのが間違いで、5連勤したりとヤバイことになってしまった。きょうは、働いているバイト先の系列店に、ヘルプとして働く。研修させてもらっていたお店で、こちらの方が緊張せずやりやすく、楽しさすら感じる。本来のバイト先ではダメダメで、かなり萎縮してしまっている。

本来のバイト先の社員さんが用事があったのかお店にいらっしゃって、わたしの存在に気付くと、「あ!ちょうどよかった!」てな感じで、「シフトが溢れてるんだよね」「ここでも働いてみない?」と告げられた。ここから徒歩1分もかからない場所にある、系列店のお惣菜屋さんに連れ出された。ここでも働くことになった。バイト先が3つになった。新しい経験ができて、知ることのなかっただろう人を知れるのが嬉しいけれど、これって都合のいい女では…と感じた。

12日 (木) 5分遅刻して学校へ。体がヘロヘロだ。そりゃそうだ。馬鹿だなぁ。でも頑張れていることが嬉しい。

きょうも昨日と同じ店で16〜21時までバイトだ。この職場はとても働きやすい。みんな真面目に働いているからだと思う。バイト終わりにスマホを見ると、中学の友だちが「会いたい」とLINEをくれていた。夜遅いのに駅まで自転車で来てくれて、わたしの家まで喋りながら送ってくれた。なんとなく話せたらそれで良かったみたいだ。友だちはあした受験らしい。緊張や意気込みはないと言っていた。なんらかの力によって、上手くいきますように。適当にやれますように。

友だちを見送る。そうそう、いつも去り際がかっこいいんだよな。駆けていく、という言葉がピッタリだ。あっという間に見えなくなる。

13日 (金)  寝坊をして4時限目の授業だけ受けた。通学電車はガラガラだった。

かおるちゃんに会いに行くためだけに学校へ行った。それを伝えるとかおるちゃんは嬉しそうに微笑んだ(気がする)。

いつかの会話で「ひとりでお弁当食べるの嫌だもん」とかおるちゃんが言った。かおるちゃんはひとりでも平気だと思っていたので意外だった。とはいえ、こんな賑やかな食堂のなかでひとりで食べるのは、わたしも嫌だ。

わたしは不登校のこともあって友だちとは疎遠になりがちだったし、お弁当を友だちと一緒に食べることは少なかった。ひとりで過ごすことが上手くなったけど、かおるちゃんが休んだときはひとりが寂しくなる。一週間まいにち学校に行けて、授業についていけて、交換ノートも順調で、かおるちゃんとも話せて、うれしい。

うれしいけど、体がしんどい。学校を毎日行くので精一杯なのに、バイトもしてるんだもの。なんでバイトしてるんだっけ。親が安心するのと、将来のためにお金を置いておきたいのと、演劇を観たいし、本も服も買いたいからだったな。働くことによって、「頑張れている」「役に立った」と思いすぎてしまっている。かおるちゃんに心配されてハッとした。2日連続で寝坊してしまったし、文章を書くのも、かおるちゃんと何を話したか思い出すのも面倒になってしまうくらい疲れてしまっている。左耳が膜を張った感じがして聞こえにくい。先月にも同じことが一週間ほど続いたのだけど、いつのまにか治ったので診察せず終わったのだった。耳鼻科に診察しに行くと、メニエール病の前段階と診断された。疲れと睡眠不足が原因みたいだ。単位を落とすギリギリだし、たのしみがいっぱいあるし、精神は落ち着いているし、将来についてやっと行動できそうなときだから、悪化させたくない。頑張れると思っているし、頑張りたいけれど、身体に出ているのですね。あぁ、むずかしい。どこまで頑張ったらいいか、頑張れるのか分からないから、全力でやってしまうね。でも、ちゃんと踏みとどまって考えるのよ。自分のことは自分で。シフトを任せたら都合の良いように使われるに決まってるじゃない。稼ぎたいのだと思われているのかもよ。せっかく学校に行けてるのに、かおるちゃんとも毎日会えてるのに、またできなくなってしまうよ。自分のできる範囲を把握して、調整しなさいね。