Nook

日記です

11月22日 曇りときどき雨

きょうも学校へ行けなかった。友だちに会いたいな。友だちは賢くて優しくて、精神年齢がとても大人な尊敬する人です。友だちに会いに行くために学校へ行く。自分のためにも勉強する。

きょうも気分は暗かった。鬱々としていたらバイトへ行く時間になった。皮肉なことにバイトは休まずいけている。自転車を漕ぐ。なぜかカラスが電線にずらーっと並んでいる。カラスたちの下を通る。コンビニ前に溜まるヤンキーのように怖い。フンを落とされる覚悟で下を通った。人にもカラスにもビクビクしながら生きているな、と少しだけ悲しくなった。

中島義道さんの「カイン 自分の弱さに悩むきみへ」を読んで、強くなると決めた。ちゃんと本と自分と向き合って、慎重にやっていく。自分の頭で考えないと。

バイトは上手くいった。真面目で冷静で頭が良いスーパー凄い先輩と一緒だった。返品処理を問題なくできた。ほんとうに成長したけど、外国人のお客さんに「クレジットカード使える?」みたいなことを訊かれた際に指でバツを作ったあげく「ノーです!」って完璧にアホな回答をしてしまった。頭が良くなりたい。やさしくて賢くてかわいい女の子になる。ぜったいに。

書いている今は前向きだが、バイト終わりはしんどくて消え失せたかった。外は真っ暗だった。真っ暗は落ち着く。星が綺麗だ。このまま空を飛びたい。深夜高速を歌った。前に自転車に乗った学生がいる。声のボリュームを下げる。学生の横を走り抜ける。学生も歌を歌っていた。