Nook

日記です

わたしの将来の夢は、からくり屋敷をつくることだ。昔から現実のなかにある非現実が大好きで、お台場に立っているガンダムはとてもカッコよく胸が高鳴る。カッパが垂直に出てくる湖も好きだ。大きなカニの看板も好きだ。

現実のなかにある非現実を初めて知ったのは、小学六年生の頃だ。芸術鑑賞として学校にプロの方々が演劇をしにやってきた。みんなで体育館へ向かうと、いつもの体育館は、まったく違う何処かになっていた。暗闇から光がすうっと差した。知らない何処かだ。知らない人に 初めてみる動物に 新しい音に 光に驚いた。夢中になって観た。劇が終わり、六年生だけ体育館に残された。何があるのだろうと思っていたら、特別に舞台へ上がらせてくれるとのことだった。ドキドキしながら舞台へ上がると、周りが見えなくなった。光が舞台上に当たっていたのだ。眩しかった。前までわたしたちがいたところは白く見えた。役者さんが「このなかで演技をしているんだよ」と話していた。舞台のセットや小道具を見せてもらった。自由行動になりわたしは戸惑った。友だちについて回ったが、ほんとうはじっくりいつまでも見ていたかった。好きな人はまじまじと見ていたり、役者さんがしていた被り物を頭に被ったり楽しそうにしていた。

素敵な世界といつもの世界の境界線をみた。境界線は黒い幕をだった。黒い幕を出ると、いつもの体育館前だった。とても寂しかった。

現実のなかにある非現実が好きだ。現実がないと成立しないところが好きだ。からくり屋敷をつくることが夢と書いたが、これはほんとうで、 可能であればつくりたい。日本のどこかにゴシック様式の古ぼけたお城を築く。石畳の階段を降りた先にある気が遠くなるほど広くて複雑な地下室には、ドラキュラの棺がひっそりとある。異世界へ通じる扉もつくるし、本棚のある本を押すと現れる秘密の部屋もつくる。わたしはそこに住まない。偶然はいった人に楽しんでもらいたい。ツイッターで拡散されないように気をつける。

現実のなかにある非現実をつくることのできる仕事について、この夢を可能にしたい。夢のまた夢。

恥ずかしいが児童文学作家になりたい。演劇もつくりたい。ルイス・キャロルのように、楽しくなるようなお話を子どもにするだけでもいい。大人にも楽しんでもらいたい。このことを書くことはとても恥ずかしいが、書いてしまう。恥ずかしいのでタイトルも無しで。じゃあ寝ます。またね。